講演依頼

講演依頼

ブログ Blog

介護のやり方 「車イスからベッドへ移乗(帯)」

ご家庭で、突然介護をする事になった方々へ、介護動作のコツをテロップで記載しました。少しでもお役に立てたらと思います。

この映像は、実際に四肢麻痺(手足が動かない)の人の身体で介護をしているところです。 今回の、この車イスからベッドへ移乗(帯)は、リフト等の設備がない場合、また、専門的なアドバイスを受けた事はない場合に参考にして下さい。

介護のやり方 「車イスからベッドへ移乗(帯)」

 

女性2人でも、介助される人が70キロぐらいまでなら可能だと思います。

私は出張等でホテルに泊まるときは、帯(柔道着の帯)を持っていって使います。

荷物にならずしっかりしているので、安心です。

 

少しだけ注意ポイント:

・帯はへそより少し下で、少しきつく縛って下さい。→血圧が下がりやすい人でも、帯によって、腹圧がある為、血圧が下がりにくくなります。また呼吸も楽になります。

・ま結び×2回して下さい。→途中で緩むことがないように。

・担ぎあげるときに、必ず2人のタイミングを合わせて下さい。 ・背中側は、2人の中で力が強い方が行って下さい。

 

(あくまでこれは一例です。)

  • 毛利公一FACEBOOKページ
  • 社会福祉法人ラーフ
  • 就労継続支援 A 型事業所 リール
  • 入幸さんウェブサイト
夢をかなえる挑壁思考

 ページトップへ