毛利公一 PCメインビジュアル 毛利公一 SPメインビジュアル
講演依頼

講演依頼

ブログ Blog

障がいがある人のジェンダー

今世の中を騒がせているのは、東京五輪・パラリンピック組織委員会森会長の

、女性軽視発言。

私もこの発言後、会長を辞任するべきという考えを持っている。

確かに、私がやっていた陸上競技を含め、スポーツ界に大きく尽力をされている方である。

その功績がある人だからこそ、残念だと思うし。

今はとにかく、オリンピック・パラリンピック理念のもとに、開催するのかどうか…アスリートも聖火ランナーで関わらせてもらえる私のような人たち、また楽しみにしている人達にとっても、とても大切な局面でしょう。

聖火ランナーも、今のリーダーのもと、笑顔でやってもいいのか、とても悩みます…

 

私たち障がいがある人たちは、よくマイノリティーと言われてしまう。

そんな中でも、女性特有の差別というものがあり、障がいがある女性の差別をなくそう団体も1980年代から活動している。

中でも、ご存知の人もいるかもしれないが、母子保護法(優性保護法)は、女性差別の最たるものであり、1998年まで日本に存在していた負の歴史である。

また、ある団体調べによると、女性障がい者の約36%が性的虐待被害者…2011年のデータであるが、驚きの数字…

 

様々な差別は、突然発生してしまう。

私自身も差別意識が全くないか。

もしかしたらあるかもしれない…自然に優越感を感じてしまうことがあるから。

間違った発言や間違った行動が起こった場合は、周りの人から止めてもらいたい。

そして私も、止めることができる人間になりたい。

数日前の、為末さんの行動にも大きな敬意を払いたい!!

  • 株式会社モーリス
  • 毛利公一FACEBOOKページ
  • 社会福祉法人ラーフ
  • 就労継続支援 A 型事業所 リール
  • 入幸さんウェブサイト
夢をかなえる挑壁思考

 ページトップへ